お問い合わせ

猫の尿石症(ストルバイト)

猫の尿石症(ストルバイト)

尿石症は尿路結石症とも呼ばれ、腎臓から尿道までのどこかで結石ができてしまう病気です。結石の構成成分により分類することができ、特にアンモニウム、リン酸塩、マグネシウムが結合して出来るタイプなどの結石はストルバイトと呼ばれます。

ストルバイトやその結晶は、正常な尿中にもごくわずかに検出されることがあります。また、猫によっては、ストルバイト結晶が塊になって結石を形成した後、尿路を刺激し、尿路閉塞を引き起こす可能性があります。

原因

一部の猫では、ストルバイト膀胱結石は尿路感染症の結果として形成されます。ある種の尿路細菌はウレアーゼと呼ばれる化学物質を産生し、これが尿の酸性度を変化させます。ウレアーゼを産生する細菌は、ストルバイト結石の形成に関わっています。しかし、ほとんどの場合、猫は感染症にかかっていなくてもストルバイト結石による尿石症を発症します。これらのケースでは正確な原因は不明です。濃縮された尿の形成、尿のpHの上昇(アルカリ性の尿)、尿中のマグネシウムやリンの濃度の上昇など、様々な要因が結石の原因となっていることが分かっています。

主な症状

ストルバイト結石は他の膀胱結石と同様に、膀胱壁に大きな炎症や刺激を引き起こします。そのため、尿路感染症やその他の炎症性膀胱疾患に似た症状を引き起こします。

一般的に、頻尿、排尿時の力み、血尿、トイレ以外の場所での排尿などがありますが、まったく症状が出ない猫もいます。

治療について

ほとんどの場合、特別に配合された療法食を与える内科的な方法が選択されます。療法食は尿のpHや化学組成を変化させて、ストルバイト結石が溶解するように調整されています。この治療法を効果的に行うためには、猫が療法食だけを食べなければならず、おやつや他の食べ物を与えることはできません。治療中は数週間ごとに尿検査やエコー、レントゲン検査などを行って改善状況を確認し、療法食に応じて結石が縮小していることを確認します。また、結石が溶解した後も療法食を続けることが必要となることが多く、この病気の治療と再発予防は毎日食べるフードが何よりも重要です。

ベッツラボより販売されている尿中ストルバイトサポートは、以下のポイントに着目して調整された療法食で、ストルバイト結石の治療と再発の予防をすることができます。

VetSolution 猫用 尿中ストルバイトサポート

①尿pH6.0-6.2になるように調整。
②結石形成リスクに配慮し、リンとマグネシウムを制限。
③ナトリウム濃度を上げて飲水量を増やし、尿の濃縮を回避。
商品詳細はこちら

Top > Vet's Journal > 獣医師コラム > 猫の尿石症(ストルバイト)

この記事をシェアする

  • line
  • twitter
  • facebook