お問い合わせ

猫の肝炎について

猫の肝炎について

肝臓は人間や動物の体の中で最も大きな臓器であり、解毒やブドウ糖などの養分をグリコーゲンとして貯蔵したり、胆汁の生成や分泌など、多様な働きがあります。

肝炎はこの肝臓に何らかの原因で炎症が生じた状態です。

主な症状

猫の肝炎は犬ほど一般的ではありませんが、体重減少、食欲不振、無気力、発熱など、他の病気と区別が難しい非特異的な症状が見られます。また、黄疸のように特徴的な症状が見られる場合や、肝性脳症と言って、毒素が神経系に影響を与え、異常な行動や発作の発生や、うつのような状態になることもあります。急性と慢性の2種類に分類することができ、急性の肝機能障害では突然症状が現れます。

主な原因

①細菌性

十二指腸から胆管へ腸内細菌が入り込み、胆管炎を起こし、胆管から肝臓に炎症が波及することがあります。また、猫では比較的珍しいレプトスピラ感染により発症することもあります。

 

②ウィルス性

猫白血病や猫伝染性腹膜炎の原因となるウイルスは、ウイルスが肝臓組織を破壊して肝炎を引き起こします。これらの病原体は、肝臓組織を破壊するだけでなく、猫の体の他の器官にも影響を与えます。

 

③寄生虫性

トキソプラズマやフィラリアが原因であることが多いです。

 

④毒物摂取

猫は異物を食することは少ないですが、観葉植物、アロマオイルや人間用の解熱剤など一般的なもので中毒を起こします。

 

⑤先天性

非常にまれな病気で、健康診断などで偶然発見されます。

 

⑥ 腫瘍

どの動物でも見られるように、高齢の猫で発症することが多く、腫瘍組織が肝臓を破壊します。

治療について

肝炎の治療は原因が明らかな場合には、それに応じた治療を進め、原因が不明である場合には対症療法を行います。いずれの場合にも、肝臓に負担をかけない栄養管理を行わなければなりません。

 

栄養管理が重要

タンパク質の総量を減らし、食事の全体的な質を高めることが基本となります。

VetSolution 猫用 肝臓サポート

ベッツラボより販売されている猫の肝臓サポートは、以下のポイントに着目して調整された療法食で、肝炎によるダメージを受けた肝臓の負担を減らし、バランスの取れた栄養分を確実に摂取することができます。

①植物由来(エンドウ豆)タンパク質を使用し、特定のアミノ酸を制限、尿素の排出を減らし、肝臓代謝への負担を軽減します。
②不溶性繊維使用により、アンモニアなどの毒素の吸収を軽減します。
③銅の制限をすることで、有害な肝毒性物質蓄積と肝細胞の損傷を軽減します。
④抗酸化物質としてビタミンE、SOD、亜鉛、セレニムを配合しています。
⑤L -カルニチン配合により、脂肪酸のβ酸化を促進し、肝臓に十分なエネルギーを供給します。
商品詳細はこちら

Top > Vet's Journal > 獣医師コラム > 猫の肝炎について

この記事をシェアする

  • line
  • twitter
  • facebook